[戻る]

セキュリティー強化のため掲示板アドレスが変わる事があります、お気入りは、ひとつ手前の「例会報告メインページ」へお願いします。





へら釣り会 例会報告 掲示板

ぜひ書込みをお願いします。
これから例会で入釣される方の役に立つと思います。

へら鮒釣りの話で盛り上がりましょう!



会 名
メール
URL
開 催
場 所
 
※ 名前と内容は必要。全角1900文字まで。タグは使えません。
  削除キー:   発言削除用のパスワード。書かない場合発言の削除ができません
名前、メール、URL、削除キーをブラウザに記憶させる

全2511件 【No.2665-2646】 / 
最新20件 / 先頭です / 20件↓/ 検索モード 
No.2665 (2022/12/05 11:26)   富里乃堰
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【日 時】 11月27日(第4日曜)

【参 加】 27名

【天 候】 晴れ微風で釣り日和

【成 績】
01 須藤訓正 29.150s東桟橋・奥13尺1.2MウドンS58枚
02 高橋克彦 21.500s西桟橋・手前9尺MウドンS43枚
03 内山浩二 20.400s西桟橋・奥20尺両グル底31枚
04 佐藤 誠 19.700s西桟橋・奥21尺両グル底30枚
05 松塚貴弘 18.650s東桟橋・奥10尺MウドンS37枚
06 太田雅裕 18.100s西桟橋・手前10尺MウドンS38枚
07 野村 崇 17.550s西桟橋・奥21尺両グル底29枚
08 小島 孝 16.250s東桟橋・手前21尺両グル底26枚
09 野老山誠 16.000s西桟橋・手前8尺天上ウドンS30枚
10 清水健一 15.100s西桟橋・手前11尺段底ウドンS24
※釣果参加点1s含む。手前or奥は渡り桟橋を起点とする。
Sはセット、Mはメーターの略、ウドンは、インスタント含む

【状 況】「錦秋の富里に新べら乱舞・・・・の巻」
毎年放流シーズンでの最終例会は恒例の富里の堰、
YouTubeでも配信しているように良型の放流が行われた。
https://www.youtube.com/watch?v=Omn0XEvGHL8&t=743s
この当会半数が長竿両グルの底、あとはメーターセット、
場所は限られるが天上と段底もいる当然クワセはウドン系だ。
そんな中、今季トップを走る須藤氏、決めている奥のエリアにて得意の浅ダナセットで
58枚のダントツ優勝!同時に年間優勝も決めた。
2位は、季節風をも避けられる事務所の真下にて天才高橋(克)氏は9尺メーターセット。
3位は三週連続入釣の釣りバカ内山氏は両グルにペレットまぶしで新べらの足を止めるそうだ。
結果上位10人中浅ダナセットが4名、底釣りが4名と二分された一年の締めくくりとなった。

【優勝者データ】
場 所:東桟橋No.103、竿:13尺、道糸:0.8号、ハリス:短0.5号8cm、長0.4号40p、
上バリ:バラサ6号、下バリ:グラン2号
ウ キ:B5.5p、足7p、トップ(PC)10p、全長22.5p
バラケ:粒戦100t、粒戦細粒50t、セット専用バラケ100t、セットアップ100t、バラケマッハ100t、水200t
クワセ:さなぎ感嘆
コメント:感無量です。

【補 足】コロナ過でも無事一年、例会を開催出来たことに感謝、
引き続き感染対策に留意し参加者全員の手締めで来年の
再開を約束した。

【その他 】2023年1月例会は筑波白水湖、毎年のスタートは清水氏の優勝から始まる。
STOP THE SIMIZUなるか? 詳細は会報及び当日の朝礼にて。
寒さ対策と感染症予防は忘れずに全員元気な顔で新年を迎えましょう。番付上位(三役)は1月に掲載予定。
マスク着用、手指消毒励行、各自日頃から衛生管理の徹底をお願いします。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
令和5年度新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)


No.2664 (2022/10/29 20:10)   Waku Waku Field 野田幸手園
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【日 時】10月23日(第4日曜)
【参 加】31名
【天 候】晴れ、風弱く釣り日和
【成 績】
01小山憲太郎G32.750sアカシヤ13尺天上底両ダンゴ51枚
02須藤訓正  28.100sもみじ10尺MウドンS43枚
03清水健一  27.500sアカシヤ10尺天上ウドンS37枚
04細井昭宏  25.300s竹9尺MウドンS38枚
05野村 崇  24.750s竹9尺天上ウドンS35枚
06高橋克彦  24.700sアカシヤ8尺MウドンS36枚
07水内 順  21.150sもみじ9尺天上ウドンS29枚
08本澤大喜  20.200sアカシヤ9尺MウドンS30枚
09池田陽次  19.800s竹9尺MウドンS27枚
10今村義信  18.400s竹8尺MウドンS25枚
※釣果参加点1s含む。Gはゲスト、Sはセット、Mはメーターの略
ウドンは、インスタント含む
【状 況】「意外な伏兵現る・・・・の巻」
気温の差が激しい不安定な天候が続く今秋だが、今日は珍しく好天に恵まれた。
10月はWakuWakuField 野田幸手園(1〜5号桟橋指定)6時入場、
人気のアカシヤをはじめ、もみじ、竹に散らばる、三人が柳の下の魚を“さつき”で狙う。
朝の冷え込みから定番の食い渋り、陽が上がって気温の上昇と共にエサを合わせたセット師に
ポツポツと型のいい魚がヒットし始めた。
ホタチョーは終盤か苦戦を強いられている、メーターウドンなら何とか拾える。
そんな中、元会員のゲスト小山(オヤマ)氏は試釣の成果が表れ計51枚のうち
半数が新べらで見事優勝。来期復活を約束した。
2位はもみじ中央アカシヤ向き「浅ダナセットはこうやるんだ」と須藤氏、
やや大きいバラケで強いアタリに的を絞り3フラシ満タン。
3位は渋いながらもバラケを大量投入!得意のホタで後半地合いを付け帳尻を合わせた清水氏だ。
【優勝者データ】
竿13尺、場所:アカシヤ桟橋先端から4席目の事務所向き。
道糸:1.5号、ハリス:短0.6号47cm、長0.6号52cm
ハリ:上下8号(プロスト)
ウキ:弘月(星霜・緑)B21.5p、足3.5p、トップ(G)23p、全長44.5p
エサ:ダンゴの底釣り夏100t、バラケマッハ200t、水100t、手水とペレ底で調整
コメント:「ウキが良かったです。ウフフ!」だと・・・
【補 足】
放流シーズン突入だが口の使っていないへらは、怯えているのか信用ならない。
しかもグルテンだとジャミに邪魔される、今月の優勝者はしっかりと下見で
底のいいピンポイントを見つけ練り込み気味のダンゴを見事に食わせた。

【その他】
当会最終例会は恒例『富里の堰』11月は、放流後の良質なへらを拝める
チャンスでもある。詳細は会報及び当日の朝礼にて確認すること。
感染症予防の為、マスク着用、手指消毒励行、各自日頃から衛生管理の徹底をお願いします。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
次年度新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)


No.2663 (2022/10/04 11:07)   つり処 椎の木湖
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【開催日】9月25日(第4日曜)
【天 候】 曇りのち晴れ
【参 加】 33名
【成 績】
01大久保隆司29.250s3号No.451 10尺天上ウドンS25枚
02野老山誠 28.220s5号No.622 9尺天上ウドンS27枚
03水内 順 27.090s3号No.441 9尺天上ウドンS26枚
04高橋克彦 24.130s5号No.653 8尺MウドンS21枚
05清水健一 23.230s3号No.526 8尺天上ウドンS21枚
06今村義信 20.460s2号No.215 9尺MウドンS22枚
07小川光秀G19.320s3号No.443 9尺MウドンS18枚
08山本照夫 18.840s5号No.625 8尺天上ウドンS17枚
09須藤訓正 18.620s5号No.646 9尺MウドンS18枚
10野村 崇 18.500s5号No.647 9尺天上ウドンS18枚
※釣果参加点1s含む。Gはゲスト、Sはセット、Mはメーターの略
ウドンは、太ウドン〜インスタント全て、合計釣果434.27s、大型1,750g(No.620)
各桟橋1号2名、2号10名、3号6名、5号15名入釣(東向き5名、西向き28名)
【優勝者データ 】
竿10尺、場所:3号渡り桟橋から15席目(工場向き)タナ:天上(ホタチョウ)
道糸:1.2号、ハリス:短0.8号10cm、長0.5号56cm
ハリ:上10号(関スレ)、下6号(改良ヤラズ)
ウキ:弘月作(烈9号)B(カヤ)9p、足9p、トップ(PC)23p、全長42p
エサ:バラケマッハ600t、カルネバ200t、鬼武者100t、若武者200t、水220t
クワセ:ウドン
【コメント】「幹事長の為忙しいので今回は無し」
【補 足】
ここのところ忙しさのあまり欠席の多い高橋(克)氏ビックマウスは健在だが得意の
浅ダナで4位入賞は腕を落としてない証拠。筆者の憧れでもあり皆の目標でもあるので
是非、毎月の参加を願いたいところだ。
【状 況】
「どの入場者に聞いても・・今日はヤバイの一言・・・・の巻」
いくつかの台風通過に伴い強い雨が局地的に襲った為の増水、
数日前からの低温と約300名は入ったであろう本日の混雑度、
人気の釣り場も悪条件が重なった。昼前から青空が広がった
もののどこの桟橋も「アタらない」とのボヤキ。そんな状況下、
3号桟橋の大久保幹事長、数回のシャクリにてアタり返し狙い
バラケ促進釣法で良型をヒットさせて優勝。
2位は、長年のハコから培った経験豊富な弘月作者野老山氏、
枚数では当会一番だ。3位の水内氏も百戦錬磨の古参、
上位3名は三者三様のバラケ使いのホタチョウだが
しっかり自分のモノにしているところがキュン!なのだ。
有難いことに遠方からのゲストも含めて8名と、
楽しく賑やかに日焼けした顔をほころばせていた。
因みに当日の池頭は5号の他会で48枚のホタチョウだ。
【その他】
10月は今年2回目のWaku Waku Field 野田幸手園、指定桟橋、
競技規定等は会報及び当日の朝礼にて確認のこと。
感染症予防の為、マスク着用、手指消毒励行、
各自日頃から衛生管理の徹底をお願いします。
写真付き『へら鮒アーカイブス』少し遅れますが掲載されます。
 https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
次年度新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)

 


No.2662 (2022/09/02 22:03)   清遊湖(東・西桟橋)
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【釣り場】清遊湖(東・西桟橋)
【開催日】8月28日(第4日曜)
【天 候】小雨一時強く降る
【参 加】31名
【成 績】
01太田雅裕 31.200s西・奥9尺50〜80p両ダンゴ60枚
02小川光秀G27.600s西・中央8尺50〜60pウドンS59枚
03本澤大喜 27.500s東・奥8尺30〜80pウドンS53枚
04須藤訓正 26.800s東・手前岸向き8尺15〜20p両ダンゴ50枚 
05荒井一郎 25.450s東・奥12尺約60p両トロ48枚
06大鐘 正G24.100s西・奥10尺約70pトロ巻42枚
07水内 順 23.650s西・中央10尺約70p両ダンゴ→9尺天上ウドンS47枚   
08稲葉正幸 23.350s西・奥8尺カッツケ両ダンゴ41枚 
09細井昭宏 23.050s東・中央8尺約60p→天上トロ巻S41枚
10大久保隆司23.000s西・中央9尺30〜80p両ダンゴ40枚
※釣果参加点1s含む。Gはゲスト、Sはセットの略、ウドンはインスタント含む
【状 況】
「急な低活性をどう読むか?・・・・の巻」
入場からポツポツと降り出し前日より10℃近く気温が下がったこと、さらに平日には無い
混雑度(約70%)が要因か?食い渋りを見せ、ダンゴ、両トロ、ウドン、トロ巻など、
どの仕様もある程度のアタリは貰えるものの釣り込むまでには至らない......定番の拾い釣りとなった。
優勝は、どんな釣りもこなす太田氏、どこの釣り場にも合わせられる適応能力、センスと経験がモノを
言うセッティング、ポイントを外さなければ実力をいかんなく発揮する。今日は西桟橋奥寄りで
水面直下にダンゴエサを入れまくり「とったぞ〜!!」
2位は元会員のゲスト小川氏、大好きな清遊湖は毎年便乗しては上位に食い込む、
浅ダナ抜きセットで激カラにもめげずに “さなカン”を食わした。3位はかつて平成29年に
西の最奥でダントツ優勝を果たした本澤氏、又も手の速い釣技を見せた。
【優勝者データ】
竿9尺、場所:西桟橋(奥から8〜10席目位?)
タナ:50〜80pの浅ダナ、両ダンゴ、道糸:1号、ハリス:短0.5号20cm、長0.5号30cm
ハリ:上下5号、ウキ弘月作(技11号)B4.4p、足6.7p、トップ(P)7p、全長18.1p
エサ:GTS、浅ダナ一本、凄麩、バラケマッハ各1、水1
コメント:「(エサを)打ちまくりました。」
【補 足】
季節の変わり目に遭遇、雨も悪影響をもたらす、他にも様々な原因が重なる
日曜例会ではあるがメンバーは上層にいる食い気の無いへらも食い気の有る
へらも根こそぎ集めてその中から拾い出す戦法、結局タナ規定の無い特徴を
最大限生かした猛者が上位の顔ぶれだ。
【その他】
そろそろ秋風を感じる季節か9月例会は今年2回目の椎の木湖。
競技規定その他詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。
熱中症対策及び感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底をお願いします。
マスク着用、手指消毒励行、入場時検温有り。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)


No.2661 (2022/07/26 23:20)   筑波湖(1〜7号桟橋)
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【開催日】7月24日(第4日曜)
【天 候】雲の多い晴れで猛暑、午後南寄りの風
【参 加】29名
【成 績】
01須藤訓正 29.350s6号桟橋11尺Mトロ巻S40枚 
02水内 順 27.950s3号桟橋8尺天上ウドンS34枚   
03野老山誠 27.400s4号桟橋9尺天上ウドンS37枚 
04斎藤晴夫 24.700s4号桟橋8尺天上ウドンS27枚
05細井昭宏 24.200s3号桟橋8尺天上トロ巻→ウドンS32枚
06今村義信 21.350s3号桟橋9尺Mトロ巻S30枚
07野村 崇 19.900s1号桟橋8尺天上ウドンS26枚
08清水健一 18.100s2号桟橋8尺天上ウドンS22枚
09高橋誉人 17.900s3号桟橋8尺天上ウドンS24枚
10清水悟志G17.600s2号桟橋8尺天上ウドンS22枚
※釣果参加点1s含む。Gはゲスト、Sはセットの略、ウドンはインスタント含む

【状 況】「久しぶりの筑波湖、事務所は釣具店だ!・・・・の巻」
2016年6月以来6年ぶりの筑波湖。景観も良く今日は筑波山を眺めて釣りが出来る。
200名ほど入ったか8割程度の入釣者で混雑は否めない。先釣者は奥寄りの釣り座から埋まる、結局我々は各桟橋に散らばった。
釣れて来るヘラは型がいい、それゆえに機嫌を損ねたら厄介だ。若干酸欠気味、魚影も薄いような気がする。
さて、朝のスタートダッシュが効き、陽が高くなって喰わなくなる時間もポツポツと拾い釣りに徹した須藤氏の優勝!
2位は長年の経験にモノを言わせたダンゴ名人水内氏はウドンセットを選択しても先月と同じ準優勝。
3位も日曜攻略をとことん分析出来る卓越した頭脳の持ち主、名人野老山(ところやま)氏だ。
やはり前情報通り、セット強し、ホタ系ウドンの面々の中でトロ巻セットが頭とは余程手が早く全てにおいての
トータルバランスを持っている者だけが勝者に導かれるのだ。

【優勝者データ】
竿11尺、場所:6号桟橋(中央やや手前、7号向き)
タナ:メーター、道糸:1号、ハリス:短0.6号8cm、長0.5号15cm
ハリ:上バラサ7号、下トロ掛け6号
ウキ:B6.5cm、足8p、T11cm(P)、全長25.5 cm
バラケ:ダンゴの底釣り夏50t、バラケマッハ400t、浅ダナ一本200t、水200t 
クワセ:ヒゲトロ
コメント:「朝一のダッシュが効きました!」

【その他】
8月例会は清遊湖、例年奥の東西桟橋自由釣りエリア使用、変更の場合もあるので詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。
熱中症対策及び感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底のお願い。
マスク着用、手指消毒励行。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)


No.2660 (2022/07/22 12:11)   精進湖・あかいけ
会 名:国立へら会
Email:

URL:

【開催日】7月21日(木) 
【天 候】晴れ 
【参加】 12名
【成 績】
1位   広 瀬 好夫 11.0K 13枚 浮島ロープ・四角ブイ横 
2位   金 子 雄二 10.6K 15枚 コタツロープ・黒岩ロープ寄り 竿13尺 チョウチン オカメセット
3位   福 島 敦志 10.1K 13枚 コタツロープ・本湖寄り 竿13尺 チョウチン 両ダンゴ
4位   田 中  亨  6.8K 20枚 葉山ロープ・ゴザンゲの鼻寄り 
5位   佐々木  端  5.2K  6枚 黒岩ロープ・コタツ寄り
大型   広 瀬 好夫 45.0cm 浮島ロープ
【優勝データ】
ポイント 浮島ロープ・四角いブイの横 
使用竿  19尺 
タナ   底(ドボン)
道糸  1号
ハリス  上0.6号10センチ 下0.5号45センチ
針    上関スレ6号 下オカメ3号
浮き   如水・ボディ12センチ・パイプトップ18センチ
バラケ  芯華2+サナギパワー2+水1.2
クワセ  オカメ小
【その他】
葉山ロープは放流べらが居ましたが、その他のロープは大型の地ベラ釣りで、喰い渋りで難しい釣りでした。 


No.2659 (2022/07/04 21:41)   Waku Waku Field 野田幸手園
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【桟 橋】1〜5号桟橋指定
【日 時】6月26日(第4日日曜)
【参 加】31名
【天 候】晴れて猛暑
【状 況】
「ハクレンの洗礼を受けたのは誰だ!・・・・の巻」
梅雨明けも早く連日猛暑の続いている例会日、五駄沼こと新星WakuWakuField 野田幸手園。
数年前の大増水により江戸川からレンギョが相当数入り込みへら釣りに影響しているようだ。
「比較的浅いタナに襲来するのか、10尺から先は危ないぞ・・・」
優勝は、先月のうっぷんを晴らした池田副会長のトロ巻が一日フケることなく枚数を伸ばした。
2位はロングハリスの両ダンゴと言えば名人水内氏、食いごろの大きさのペトコンで桟橋の下から型物を引きずり出した。
3位は本日解禁の大穴、さつき桟橋。小ぶりながら魚影は濃い、枚数一等賞!佐藤(誠)氏のセッティングはメーター巻きセット。
それにしても暑い中、冷たい飲料販売や愛情弁当を配布するバイトの女の子におじ様たちはみな癒されていたようだ。

【成 績】
01池田陽次 37.350sもみじ8尺天上トロ巻S53枚
02水内 順 30.650sもみじ10尺天上両ダンゴ47枚   
03佐藤 誠 30.550sさつき9尺Mトロ巻S55枚 
04松塚貴弘 30.100s竹8尺Mトロ巻S48枚
05細井昭宏 29.100sもみじ8尺天上ウドンS45枚
06松田義信G28.550sもみじ8尺MウドンS34枚
07須藤訓正 27.800s竹8尺Mトロ巻S47枚 
08太田雅裕 26.900s竹9尺天上ウドンS42枚
09大越淳一 26.750sさつき8尺天上トロ巻S44枚
10浅見和則 26.000sもみじ9尺Mトロ巻S39枚
※釣果参加点1s含む。Gはゲスト、Sはセットの略、ウドンはインスタント含む

【優勝者データ】
竿8尺、場所:もみじ桟橋(中央やや手前、事務所向き)
タナ:天上、道糸:1.2号、ハリス:短0.6号8cm、長0.6号15cm
ハリ:上10号、下6号
ウキ:弘月作(烈8号)カヤB8cm、足9p、T20cm(Φ1.5oPCムク)、全長37 cm
バラケ:鬼武者、若武者、ペレ匠ダンゴ、粘りブレンド各1、水1、
クワセ:トロ巻
コメント:「先月のリベンジが出来た。」

【補足】クワセや釣り方の違いも様々あるが、幸手園は小型から大型まで混在する釣り場
結果の枚数に注目。このあたりが当釣り場の癖と言うか特筆すべき点であろう。

【その他】
7月は久しぶりの“紫峰“筑波山の望める筑波湖。
熱中症対策及び感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底のお願い。
指定桟橋その他詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。
マスク着用、手指消毒励行。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)


No.2658 (2022/06/25 13:46)   精進湖・初狩荘
会 名:国立へら会
Email:

URL:

【開催日】6月23日(木) 
【天 候】曇り時々小雨 
【参加】 11名
【成 績】
1位   福 島 敦志 14.2K 15枚 天神の鼻 
2位   大久保 一郎 11.4K 13枚 中央ロープ 竿18尺 チョウチン グルテンセット 
3位   鹿 島 義生 11.2K 15枚 中の湖 竿11尺 タナ1本半〜2本 両ダンゴ 
4位   田 中  亨 10.8K 15枚 中央ロープ
5位   金 子 雄二  9.7K 12枚 大割ロープ
大型   深 沢  清 38.0cm 大割ロープ
【優勝データ】
ポイント 天神の鼻 
使用竿  11尺 
タナ   チョウチンより少し浅いタナ
道糸   1号
ハリス  0.5号 上50センチ 下65センチ
針    上下ヤラズ6号
浮き   忠相PCムクトップ・ボディ8センチ
エサ   コウテン3+魔法の粉2さじ+水1の基エサを手水、マッハ、ダンゴの夏をパラパラかけて調整
【その他】
 へらは居るものの食い渋り、エサが合わないとアタリを出しませんでした。


No.2657 (2022/06/03 15:57)   千代田湖・千和
会 名:国立へら会
Email:

URL:

【開催日】 6月2日(木) 
【天 候】 晴れ 
【参加】  12名
【成 績】
1位    広 瀬 好夫 21.8K 55枚 千和前ロープ・トイレ前
2位    福 島 敦志 19.9K 24枚 大沼第2ロープ突端 竿11尺 チョウチン力玉セット 
3位    金 子 雄二 16.0K 30枚 千和前ロープ・トイレ前 竿15尺、16尺 底釣り 
4位    鹿 島 義生 12.2K 15枚 大沼中央ロープ 
5位    渡 辺  忠  9.0K 13枚 千和中央ロープ・桟橋前
大型    橋 本 佳己 43.0cm 千和中央ロープ
【優勝データ】
使用竿   18尺 
タナ    底(ドボン)
道糸  0.8号
ハリス   上0.5号10センチ 下0.5号45センチ
針     上バラサ6号 下オカメ4号
浮き    舞・ボディ10センチ・パイプトップ18センチ・足6センチ
バラケ   芯華2+サナギパワー2+水1.2
クワセ   オカメ小
【その他】 
千和前ロープは放流べらの数釣り、丸山ワンドは地ベラ釣りになりました。


No.2656 (2022/05/26 14:33)   つり処 椎の木湖
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【開催日】5月22日(第4日曜)
【天 候】曇りのち晴れ
【参 加】31名
【状 況】
「池の竿頭は当会優勝者の君だ!・・・・の巻」
例年の5月例会の釣り場を今年は椎の木湖へ変更。人気釣り場の為入場は8番目と最後尾。
一般客も多く日曜のハイプレッシャーは免れないだろう。
釣りはじめは寒かったが午後からは五月晴れになり暑くなった。
事前の情報か1号と珍しく5号に数名が入釣・・結局全体に散らばった。
結果、昨年の年間チャンプ清水氏が比較的空いていた5号の手前に入り得意のホタチョウで
ほぼダントツ優勝、終了間際の2時間で17枚と細い目がさらに細くなった。!本日、池の竿頭だ。
2位は朝の内、風向かいのメーター棚で苦しんでいた野村氏、止む負えず天上に変更後の対処が素晴らしい。
3位は元会員の椎の木に精通している常連のゲスト松田氏は1号桟橋メーターホタ。
固形の強い釣り場ではあるが上位10名は全て短竿にてウドンセット。
共エサ名人や巻き師は上位には食い込めなかった。

【成 績】
01 清水健一  56.160s 5号(608)8尺天上ウドンS62枚
02 野村 崇  42.280s 5号(652)9尺天上ウドンS43枚   
03 松田義信G 39.410s 1号(132)8尺 MウドンS41枚
04 小島 孝  39.120s 5号(654)8尺天上ウドンS42枚
05 太田雅裕  38.870s 2号(241)9尺天上ウドンS49枚
06 中溝 明  37.460s 3号(431)9尺天上ウドンS38枚
07 水内 順  36.980s 2号(331)9尺天上ウドンS37枚
08 野老山誠  35.240s 5号(649)9尺天上ウドンS32枚
09 高橋誉人  35.220s 2号(329)9尺天上ウドンS34枚
10 佐藤 誠  34.510s 1号(146)11尺MウドンS36枚
※釣果参加点1s含む。( )は釣り座番号、総重量801.81s(平均25.86kg)最大型2135g(431)
Gはゲスト、Sはセットの略、ウドンはインスタント含む。

【優勝者データ】
竿8尺、場所:5号桟橋(入り口から8席目水深4.3m)608、タナ:天上(ホタチョウ)
道糸:1.5号、ハリス:短0.8号10cm、長0.5号35cm
ハリ:上15号、下7号
ウキ:弘月作(烈7号)カヤB7cm、足9p、T19cm(Φ1.5oPCムク)、全長35 cm
バラケ:マッハ200t、段差バラケ200t、セットガン200t、カルネバ200t、水240t+マッハ200t
クワセ:タピオカ太ウドン
コメント:「いっぱい釣れて満足です」浅ダナ用のウキを全て処分、天上ウドンセットに命を懸け取り組んだ成果が表れた清水氏だ。
【補 足】元祖パワー系ホタチョウ発祥の地“椎の木湖”
今では管理場のみならず野釣りでも通用する最新現代釣法、
エサを大量消費するためエサメーカーや釣具屋さんに
とっても救世主と言えるだろう。

【その他】
6月はWaku Waku Field野田幸手園。感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底のお願い。
指定桟橋その他詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。
マスク着用、手指消毒励行。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)


No.2655 (2022/05/14 11:30)   鮎川湖
会 名:国立へら会
Email:

URL:

【開催日】 5月12日(木) 
【天 候】 曇り、3時頃から雨 
【参加】  11名
【成 績】
1位    広 瀬 好夫 16.0K 53枚 堰堤桟橋3番 
2位    金 子 雄二 13.7K 44枚 堰堤桟橋4番 竿8尺チョウチン 力玉セット
3位    橋 本 佳己 12.4K 34枚 堰堤桟橋15番 竿11尺チョウチン 両ダンゴ
4位    福 島 敦志 11.7K 37枚 堰堤桟橋7番 
5位    佐々木  端 10.4K 46枚 堰堤桟橋11番
【優勝データ】
ポイント  堰堤桟橋3番・ボート桟橋側から3番目の釣り座
使用竿   23尺 
タナ    底(ドボン)
道糸  1号
ハリス   上0.5号10センチ 下0.4号45センチ
針     上6号 下3号
浮き    かちどき・パイプトップ・ボディ7センチ
バラケ   芯華2+サナギパワー1+水1.2
クワセ   オカメ

【その他】
水位は超満水。雨待ちの食い渋りでした。 


No.2654 (2022/05/02 11:46)   筑波流源湖
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【指定桟橋】北、ブタ小屋、沈船、浜の辺、太鼓橋、五葉松、南中央
【開催日】4月24日(第4日曜)
【天 候】曇り
【参 加】26名
【成 績】
01 野老山誠  49.650s北桟橋(北西)11尺天上ウドンS56枚
02 大久保隆司 45.550s北桟橋(南東)8尺天上ウドンS52枚 
03 須藤訓正  45.050s北桟橋(北西)10.5尺天上ウドンS51枚
04 池田陽次  42.950s北桟橋(北西)9尺天上トロ巻S49枚
05 野村 崇  39.350s浜の辺桟橋(北西)8尺天上ウドンS48枚
06 細井昭宏  37.700s北桟橋(北西)9尺天上トロ巻S45枚
07 清水健一  36.550s北桟橋(南東)11尺天上ウドンS41枚
08 水内 順  34.200s浜の辺桟橋(北西)8尺天上ウドンS45枚
09 中溝 明  31.250s北桟橋(北西)9尺天上ウドンS32枚
10 荒井一郎  30.850s北桟橋(北西)9尺天上トロ巻S36枚
※釣果参加点1s含む。( )内は釣り座の向き。
Sはセットの略、ウドンはインスタント含む
【状 況】
「パワー系ウドンセット〜ホタチョーって何だ?・・・・の巻」
紫峰“筑波山”の麓、変化に富んだ大型管理釣り場『筑波流源湖』今日は250名の入り。
圧倒的に天上ウドンの多い中、トロ巻他好みの釣りが出来る季節になってきた・・・
優勝は“弘月”作者野老山(ところやま)氏、良型をペース良く絞り出したら止まらない。
2位はウキを大きくして俄然釣り込んだ大久保氏、ベテラン二人の有名人はどちらもホタチョーだ。
3位は得意の浅ダナを速攻諦め天上も出来るんだぞと引き出しの多さを見せつけた須藤氏までが50枚超。
10位まで全て天上、クワセはウドン7名、トロ巻3名と共エサ組は不調に終わった。
【優勝者データ】
竿11尺、場所:北桟橋中央・五葉松向き、タナ:天上
道糸:1.0号、ハリス:短0.8号8cm、長0.6号40cm
ハリ:上10号、下8号
ウキ:弘月作(烈11号)B11cm、足9p、T23cm(Φ1.5oPCムク)、全長43 cm
バラケ:マッハ600t、凄麩200t、パウダーベイトへら200t、カルネバ100t、水250t
に粒戦100t水100tを合体。
クワセ:タピオカウドン
【コメント】「大型が良く連れました。」
【補 足】
好きな場所で好みの釣りが出来る季節になって来たものの
水深のある釣り場、型もいい、長竿を出してもそれ程変わらない。
となると流行のホタチョーが口数を多く死守しつつ枚数を稼げる。
マッハ主体のバラケは本人曰く「弘月バラケ」だそうだ。
【その他】
5月は羽生の椎の木湖。感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底のお願い。
マスク着用、手指消毒励行。詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。

写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。
連絡先:岡崎一誠042−737−5401(報告:小島)


No.2653 (2022/04/24 12:53)   精進湖・あかいけ
会 名:国立へら会
Email:

URL:

【開催日】4月21日(木)
【天 候】曇り 
【参加】 12名
【成 績】
1位   金 子  哲 11.8K 15枚 葉山ロープ
2位   広 瀬 好夫  5.8K  7枚 浮島ロープ 竿18尺 底 オカメセット 
3位   佐々木  端  5.7K  7枚 黒岩ロープ 竿11尺 チョウチン ウドンセット 
4位   渡 辺  忠  4.1K  6枚 黒岩ロープ
5位   福 島 敦志  4.0K  4枚 黒岩ロープ
【優勝データ】
ポイント 葉山ロープ・本湖寄りの白ブイ横 
使用竿  18尺 
タナ   底
道糸   0.8号
ハリス  0.4号 上47センチ 下52センチ
針    上セッサ5号 下サスケ5号
浮き   自作カヤ・ボディ12センチ・トップ20センチ・足8センチ
バラケ  芯華3+わたグル1+水2
クワセ  ダントツ15cc+わたグル15cc+水32cc
*グルダンゴが良かったようです。
【その他】
朝方の濃霧のせいか、極端に食い渋りました。 


No.2652 (2022/04/11 15:28)   友部湯崎湖
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【開催日】3月27日(第四日曜)
【天 候】曇りのち晴れ午後西寄りの風(夜半まで降っていた雨は早朝に止む)
【参 加】27名
【状 況】「ピンポイントのカケアガリを制した!・・・・の巻」
花粉の飛散する嫌な時期にいつもの湯崎湖にて例会。
コロナ対策で桟橋のスノコは一つ置き。当会も感染予防のためソーシャルに
全桟橋を使用可能、やはり4号に人気集中。5号好きな会員もいることはいるのだが.... 
平成こと本澤氏、毎年決めている4号の最奥4席目を野村氏に譲った。
自分は6席目でなんと24尺の浅い底釣りだ。結果本澤氏の優勝、
悔しい準優勝は野村氏と師弟コンビでワンツー。3位は去年(3月)
の覇者大久保氏の段底だ。あとは安定しているセットが多い中、
得意の両ダンゴで6位に滑り込んだ稲葉氏が際立つ。
【成 績】
1位 本澤大喜  31.450s4号最奥(土手向き)24尺80p両グル底50枚
2位 野村 崇  27.800s4号最奥(土手向き)24尺80p両グル底46枚 
3位 大久保隆司 27.700s5号手前7尺天上段底ウドンS51枚
4位 野老山誠  25.000s4号中央(5号向き)8尺天上ウドンS48枚
5位 太田雅裕  20.400s4号中央(3号向き)8尺天上ウドンS40枚
6位 稲葉正幸  20.300s5号手前10.5尺両ダンゴ34枚
7位 笹原順一  20.250s4号中央(5号向き)8尺浅ダナウドンS39枚
8位 山本照夫  16.750s4号中央(5号向き)9尺天上ウドンS30枚
9位 佐藤 誠  15.700s2号奥寄り(1号向き)8尺浅ダナウドンS29枚
10位 池田陽次  15.150s4号手前(5号向き)8尺浅ダナウドンS32枚
※釣果参加点1s含む。Sはセットの略、ウドンはインスタント含む
【優勝者データ】
竿24尺、場所:4号桟橋No.73、タナ:約80pの底釣り
道糸:0.6号、ハリス:短0.4号50cm、長0.4号62cm
ハリ:上下マルチ7号
ウキ:無抵抗(ビーノver.11号)B11cm、足6p、T22cm(グラスムク)、全長39 cm
エサ:両グルテン シルキーマッシュグルテンA1、同B1強、水2
【コメント】「釣っちゃった!」
【補 足】:伝説の藤野ポイントでとうとう“頭”取った。若さとパワー、
体力そして技術、全て兼ね備えた本澤大喜!おめでとう。
誰もが入っても釣れる訳ではない。あの長竿を駆使して豪快に回し振り、
対岸の土手(渕)目掛けてギリギリに投餌、カケアガリの上部に神経質
で臆病な新べらが身を潜めていたようだ。それにしても彼の熱い情熱が
最大限ポテンシャルを引き出した。

【その他】
4月は筑波流源湖。感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底のこと。
指定桟橋その他詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。
マスク着用、手指消毒励行。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。


No.2651 (2022/03/19 13:47)   椎の木湖
会 名:国立へら会
Email:

URL:

【開催日】3月17日(木) 
【天 候】晴れ。北西の風。 
【参加】 11名
【成 績】
1位   福 島 敦志 39.4K 45枚 5号桟橋634番
2位   佐々木  端 22.8K 26枚 3号桟橋435番 竿9尺 チョウチン 力玉セット 
3位   橋 本 佳己 21.6K 23枚 3号桟橋507番 竿15尺 段底 ウドンセット
4位   金 子 雄二 20.9K 22枚 3号桟橋511番 
5位   広 瀬 好夫 19.1K 23枚 3号桟橋467番

【優勝データ】
ポイント 5号桟橋634番 
使用竿  9尺⇒8尺 
タナ   チョウチン 
道糸   0.4号(PE)
ハリス 上0.3号10センチ 下0.4号60〜52センチ
針    上下サスケ4号
浮き   吉田作GTフォール2番
ハラケ  粒戦1.5+トロスイミー0.5+サナギパワー1+水2+セット専用バラケ1+セットアップ1
クワセ  サナギ感嘆

【その他】
前夜の地震の影響はなかったものの、池の中はまだ冬で、寄ってもアタリはなかなか出さない難しい釣りでした。 


No.2650 (2022/03/08 21:36)   三和新池
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【開催日】 2月27日(第4日用)
【天 候】 晴れ午後から西寄りの風
【参 加】 27名
【成 績】
01須藤訓正  11.100s西(林向き)11尺MウドンS25枚
02松塚貴弘  11.000s西(東向き)11尺MウドンS24枚 
03野村 崇  9.450s畑下10尺天上段底ウドンS16枚
04大久保隆司 9.250s東(畑下向き)9尺天上ウドンS20枚
05太田雅裕  8.700s林下10尺MウドンS20枚
06細井昭宏  8.100s西(東向き)11尺MウドンS16枚
07野老山誠  7.950s西(林向き)11尺天上ウドンS18枚
08本澤大喜  7.650s西(東向き)10尺MウドンS17枚
09池田陽次  7.500s西(東向き)10尺MウドンS15枚
10水内 順  6.750s東(畑向き)10尺天上ウドンS11枚
※釣果参加点1s含む。Sはセットの略、ウドンはインスタント含む
【状 況】 「若手の?浅ダナ対決!・・・・の巻」
2月は期待の三和新池、屋外にて受付と朝礼、感染対策はバッチリだ。
天候も三寒四温の最中だが午後から大風の予報、比較的アタリが貰える
との情報も混雑は避けられない。渋さの中でいかに対処するかである。
宙釣り組の浅ダナか天上の抜きセット、他は手堅い段底と全員ウドン
系がクワセだ。結果は西桟橋で背中合わせの浅ダナ対決で僅差の優勝
をもぎ取った須藤氏手返しの速さで魚の寄りをキープしつつ拾い釣り
に徹した。続く2位は100g差で惜しくも優勝を逃した若手の筆頭
松塚氏も同じ釣り。2人とも当会の新人だ。3位は一人寂しく空いて
いた畑下で誰しも両グル宙で攻めると思いきや段底で型を揃えた
ベテラン野村氏。今月も新会員2名の嬉しいニュースが聞けた。
【優勝者データ】
竿:11尺、場所:西桟橋林向きの10席目(40番)
タナ:1m、道糸:0.6号、ハリス:短0.5号8cm、長0.4号40cm
ハリ:上バラサ6号、下グラン0.8号
ウキ:弘月作(凛)B5.2cm、足7.5p、T10cm(グラスムク)、全長22.7 cm
エサ:粒戦50t、細粒50t、水150t
セット専用バラケ100t、GTS100t、セットアップ100t、
クワセ:感嘆(さなぎ粉は入れず)
コメント:「渋かったぁ〜!!」
【補 足】正面の雑木林でウキが見やすいのと事務所と前からの風は避けられる西桟橋手前。
その辺も読んでか優勝者の速攻セットが効いて日曜例会の厳しさを打破する。
特筆すべきはクワセのハリのサイズだ!0.8号(0.0091g)ってどこで売ってんだ。
【その他】
3月は友部湯崎湖。感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底を。
詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。
マスク着用、手指消毒励行。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。(報告TK)


No.2649 (2022/02/21 17:54)   富里乃堰
会 名:日研 巽 支部
Email:

URL:

【開催日】2月20日
【天 候】雨
【参加】10名
【成 績】
1位 阿川真    21.4kg 西桟橋 ウドンセット
2位 井口明人   12.9kg 東桟橋 ウドンセット
3位 橋本幸一   12.5kg 東桟橋 ウドンセット
4位 森嶋由晴   11.9kg 西桟橋 段底
5位 石井昇一(G)11.5kg 東桟橋 ウドンセット
6位 阿川眞治   9.3kg 西桟橋 ウドンセット
7位 松岡憲彦   8.8kg 東桟橋 ウドンセット
8位 水島良(G) 6.2kg 東桟橋 ウドンセット
9位 井口一彦   5.0kg 東桟橋 ウドンセット
10位 田口薫     3.2kg 東桟橋 段底

【優勝データ】
西桟橋76番 竿18尺 2本のタナで35枚:21.4kg。
浮子 「水幸作」 ボディ6pのパイプトップ
道糸0.8号
ハリス:上 0.6号10p   針 「グラン針」8号
ハリス:下 0.4号60〜85p 針 「グラン針」1号

バラケエサ:「軽いペレット」50cc+「バラケ王」120cc+水180cc+「バラケもたせ」240cc+「バラケ サラット」120cc

クワセエサ:「レンジタピ」

【その他】
【巽支部 2022年の例会は以下の釣り場での開催となります】
1月16日(日) 富里乃堰 優勝 井口明人 15.7kg
2月20日(日) 富里乃堰 優勝 阿川真  21.4kg
3月20日(日) 三楽園
4月17日(日) 清遊湖
5月15日(日) 筑波白水湖
6月19日(日) 戸面原ダム
7月17日(日) 精進湖(金風荘)
8月21日(日) 横利根川(中島屋)
9月18日(日) 筑波湖
10月16日(日) 筑波流源湖
11月20日(日) 野田幸手園
12月 4日(日) 椎の木湖
12月11日(日) チャンピオン戦

☆チャンピオン戦・出場権利取得者☆
「井口明人」・「阿川眞治」・「伊藤宏二」・「阿川真」・「橋本幸一」

◆新入会員・ゲスト参加を歓迎します◆
 次回例会:3月20日(第3日曜日)
三楽園(1号池) 集合時間5:00
https://tatsumi8.webnode.jp/
広報 阿川 真
 


No.2648 (2022/02/18 16:30)   武蔵の池
会 名:国立へら会
Email:

URL:

【開催日】 2月17日(木) 
【天 候】 晴れ。北西の強風
【参加】  11名
【成 績】
1位    橋 本 佳己 12.00K 19枚 釣り座107番
2位    金 子 雄二 10.00K 15枚 釣り座 38番 竿12尺 段底 
3位    福 島 敦志  9.68K 15枚 釣り座106番 竿12尺 段底 
4位    大久保 一郎  2.81K  4枚 釣り座 42番
5位    佐々木  端  2.58K  4枚 釣り座 41番
【優勝データ】
ポイント  中央桟橋107番
使用竿   12尺 
タナ    底(段底)
道糸  0.8号
ハリス   上0.5号10センチ 下0.4号50センチ
針     上改良ヤラズ5号 下関東スレ3号
浮き    花春ソリッド15番
バラケ   粒戦0.5+粒戦細粒0.5+ダンゴの夏0.5+水1.5+段底1.5
クワセ   タピ匠ウドン
【その他】
寒さと強風でアタリが出ず、段底が上位を占めました。 


No.2647 (2022/01/26 17:35)   筑波白水湖
会 名:サンデーマスターズ
Email:

URL:

【開催日】1月23日(第4日曜)
【天 候】曇り時々晴れ
【参 加】26名
【成 績】
1位清水健一 9.950s北8尺天上段底ウドンS19枚
2位佐藤 誠 9.950s東12尺天上段底ウドンS20枚 
3位中溝 明 9.000s中央8尺天上ウドンS19枚
4位須藤訓正 7.050s東16尺浅ダナウドンS13枚
5位本澤大喜 6.850sポプラ9尺浅ダナウドンS10枚
6位野老山誠 5.950s築桜9尺天上ウドンS13枚
7位浅見和則 5.700s桜中央9尺段底ウドンS10枚
8位笹原順一 5.650s築桜9尺天上ウドンS13枚
9位岡崎一誠 5.600s桜中央8尺段底ウドンS12枚
10位今井信行 5.100s築桜9尺天上ウドンS11枚
※釣果参加点1s含む、同釣果は年齢順
Sはセットの略、ウドンはインスタント含む
【状 況】
「激渋?いえいえ猛渋です!・・・・の巻」
1月恒例筑波白水湖。6日の大雪以降大寒(20日)
に向け日を追うごとに寒さが増してきた。
さて本日は、大きな会が2−3入りどの桟橋も適度に
散らばり見渡せば全体的には混雑というべきだろう。
恐れていた北西風は強くはならなかったが.....
各自、浅ダナ、天上、段底とクワセは全てウドンの抜き系だ、
どこに魚が付いているかが勝敗の分かれ目だろう。
やはり常勝清水氏の指定席?北桟橋で8尺の抜き段底。
何と!1月の白水4回連続優勝。潰しに掛かった大久保
名人は返り討ちに遭ってしまった。
2位は同貫ながら20枚の佐藤氏、釣り方修正が大正解!
東桟橋手前の釣り座で段底が決まった。
3位は中央の真ん中でポツポツと我慢の抜きセット、
試釣の成果が出た中溝氏。
新会員も2名加わり寒さの中から一年の始まりだ。
【優勝者データ】    
竿8尺、場所:北桟橋南向き18番、
タナ:天上の段差の底釣り、道糸1号、
ハリス:短0.5号7cm、長0.5号42cm
ハリ:上セッサ7号、下オカメ2号
ウキ:弘月作(黎明)B7cm、足9p、
T18.5cm(グラスムク)、全長34.5 cm
エサ:粒戦100t、段底400t、水150t
クワセ:タピオカウドン
コメント:「例会が出来て良かった。5年目も優勝出来るよう頑張る」
【補足】
昨年の1月は流会になったがこれで4回冬の白水は清水氏の優勝。
おまけに2021年は、夏場のホタチョーも爆釣し年間も取り、
気を良くして挑んだ例会、当日の北桟橋に魚が居て勝負メモリに拘らず
底の起伏に合わせた理論とセンス。下バリトントンのウドンを食わせる
テクニックを彼は持っているのだ。

【その他】 《令和4年度三役番付》
東 大関 清水健一  西 大関 須藤訓正
  関脇 野村 崇    関脇 細井昭宏
  小結 本澤大喜    小結 野老山誠
感染症予防の為、各自日頃から衛生管理の徹底をお願いします。
詳細は会報及び当日朝礼にて確認のこと。
マスク着用、手指消毒励行。
写真付き『へら鮒アーカイブス』もお楽しみください。
https://ameblo.jp/herabuna-archives/ 
4年度新会員及びゲスト参加常時募集中。
毎月第4日曜(1〜11月)年会費10,000円(女性5,000円)
例会費5,000円(女性及びゲスト参加4,000円)
お誘い合わせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。


No.2646 (2022/01/24 15:02)   野田幸手園
会 名:FBクラブ
Email:

URL:

【開催日】
 1月 24日 
【天 候】
晴れ 
【参加】
35名
【成 績】
優勝 吉田健一 11.0kg 桜桟橋  11尺 段底
2位  大根田浩  10.9kg 竹桟橋  21尺 底釣り
3位  阿川眞治  10.4kg 桜桟橋  21尺 底釣り
4位  田口薫   10.0kg 桜桟橋  11尺 段底
5位  井口明人  9.8kg アカシア桟橋 18尺 底釣り
6位  会田直樹  9.2kg 桜桟橋  11尺 段底
7位  伊藤佐江子  9.0kg さつき桟橋  9尺 段底
8位  森嶋由晴  8.2kg 竹桟橋  21尺 底釣り
9位  池田義一  8.0kg 竹桟橋  21尺 底釣り
10位 三沢成彦 8.0kg もみじ桟橋  21尺 底釣り

【優勝データ】
竿11尺 段差の底釣りで15枚/11.0kg
浮子 ボディ12pのグラスムクトップ
道糸0.8号
ハリス:上 0.4号10p    針 グラン針6号
ハリス:下 0.3号60p    針 グラン針2号

エサ:「セット M」360cc+「単品爆釣 両ダンゴ B」120cc+水180cc

クワセエサ:即席ウドン

【その他】
◆2022年度・以下の釣り場で開催致します◆
1月24日(日) 野田幸手園 優勝 吉田健一 11.0kg
2月27日(日) 富里乃堰
3月27日(日) 清遊湖
4月24日(日) 清遊湖
5月22日(日) 三和新池
6月26日(日) 筑波湖
7月24日(日) 富里乃堰
8月21日(日) 筑波白水湖
9月25日(日) 筑波流源湖
10月23日(日) 野田幸手園
11月27日(日) 椎の木湖

◆新入会員・ゲスト参加を歓迎します◆
 次回例会:2月27日(第4日曜日)
富里乃堰 集合時間5:30

https://fb321.webnode.jp/
 


全2511件 【No.2665-2646】 / 最新20件 / 先頭です / 20件↓/ 検索モード 
発言削除:No. -Re.    削除キー又はパスワード:
返信: 発言No.  名前  ひとこと 

Powered by T-Note Ver.4.05