渡良瀬水郷のへらぶな釣り場

釣り期間
3月末頃〜11月初旬頃まで期待できます。

釣り料金
無料のところが多い

各釣り場
多々良沼、城沼、近藤沼は、野釣りファンが県外から通うへら釣り場です。

渡良瀬貯水池を中心とした、谷田川、思川などの小場所、親水公園や旧川もへら鮒釣りが可能です。

へらぶなの他、マブナ、コイ、タナゴ、クチボソなど、都会では見られなくなってしまった自然が残る釣り場です。

駐車スペースありますが農家の方の邪魔にならぬよう注意


釣台が必須です。

野釣りスタイルですので、長短の竿を用意して、底釣りから攻めるのが基本となります。

早いところでは、3月の末頃からノッコミになり、時には、50cm近い大型が釣れる事もあります。

河川の釣り場は、いくらか流れがあるので、ドボン仕掛けの用意も必要になります。

水郷一帯の小さな水路にも、金ブナ、銀ブナ、タナゴ、クチボソ、モロコなど、多くの日本固有の魚たちが棲んでいます。

そういう魚が釣れてきましたら、優しくリリース願います。





アクセス
東北道「館林インター」が拠点。
館林三沼の地図





へらぶなnet21
へらぶな釣り場情報 へら鮒 釣具