相模湖で50UPの型物を!!
毎年、水位の上がる4月上旬頃に一回目の乗っ込みハタキがあり、そして、中7日〜10日の間隔をあけ、3〜4回の乗っこみハタキがあります。その後は、雨や梅雨による増水、また夕立などで濁りが入るごとに中小規模なハタキが8月末頃まで繰り返し行われます。
相模湖のハタキは桂川流域一斉にというわけではなく、川筋ワンド流れ込み柳オダと、極めて局所的にハタキが行われる事もあるので、入釣までに時間があれば、宿内にて最新の情報をチェックしてみることが大切です。
相模湖のへらぶな釣りの魅力は、その黒々とした大迫力のボディーと、舟ごと水中へ引きずり込まれるような引きの強さ、そして何よりも、湖を取り巻く自然色豊かな環境と独特の雰囲気があげられます。4月の乗っこみに始まり、5月の新緑、6月の初夏の涼風、7月のナイター、8月の夕立、そして秋へ続く紅葉の山並みと・・・  孤独に釣るも良し、仲間同士で楽しむも良し、ぜひ輝く青空の下へお越し下さい。


吉野下
過去の乗っ込み時に、3昼夜で170kgオーバーの釣果が出たこともある、実績以上に有望なポイントで、かなりの数の地べらが居着いています。深い場所は満水で10m以上あるので、流れが無い日などは、長竿一杯の深宙釣りでも攻める選択が出来ます。

ワンドを鬱蒼とした木々が水面を隠しこみ、いやがうえにも巨べらスピリッツを盛上げてくれる雰囲気のポイントです。乗っ込みハタキ時などはワンド内の他、吉野入り口付近も人気が高く、本流スジから度肝を抜くような巨べらの群れがこれでもかと、いうほど押し寄せてきます。

ワンドの奥は蛇行しながら少しずつ狭まっていきますが流れ込み等からの濁りも入りやすく、雨後の増水時にはかなり有望です。一部危険な箇所もあるので背後の安全を確認してから静かな夜をお楽しみ下さい。






揚沢ワンド
満水位のミオスジで3mほどのタチがあり、乗っ込み時は中流域屈指の本命ポイントです。水没した柳周りを竿10尺前後で狙うのが、最も期待できると思います。(ハタキが止まっている時は、少し長めの13尺〜15尺でミオスジラインを狙い打つのも良いでしょう)歴代最高の尺8寸8分も、ここ揚沢で記録されています。

ワンド奥の流れ込みより濁りが入りやすく、乗っ込みや雨後にタイミングよくあたれば、へら鮒がラッシュして突っかけてきます。浚渫船が一度も入っていないので底は緩やかなカケアガリが続き、軽めの泥が溜まっています。乗っ込み期には、巨べらのアオリで、この泥が持ち上がりワンド全体が濁りだすと一斉に食い気がたち、昼夜関係なくアタリが続きます。そのほとんどが40UPという事も、決して珍しい事ではありません。通常流れは無いので、水位さえ
あれば、絶対にチェックするべきポイントです。


 



反田前船着場周辺
早春から秋口まで狙える本流筋のポイントです。遠浅の底、ドン深の底、水没柳に隠れオダと変化に富んだ地形なので、その日のモジリのラインや船宿で、きっちりと作戦を立てて、狙うポイント、タナを決めると良いでしょう。
船着場〜駐車場下の柳にかけて広がる、ゴミよけのブイ内は風に強く、またカケアガリも緩やかなので、初めての人でも釣りやすく、絶好の巨べらの魚道となっています。舟付け用の竹の先にはオダ(隠れオダを含む)が絡めてあるので、その周囲を竿11〜15尺で狙うのが良いでしょう。ハタキ中は舟を横付けして岸側の水没した柳周りを狙ってみるのも良いでしょう。流れはほとんどないポイントなので釣りやすいはずです。



ウグイス、恋ため周辺
ハタキ時などに水没した柳の穴を短竿で狙うポイントや、長竿で本流スジの深場を中通し等で狙うポイントとに分かれますが、本流スジはクセも多く、初めての方にはクセを掴むまでは少し難しいポイントです。そして短竿での柳の穴狙いは、本流に近いことからか、水位が低い年など、他のポイントが不調の時に一発を秘めた玄人好みのポイントです。平凡な大型記録の、大どんでん返しが待ち受けている可能性もあり!?



金山沢
船着場対岸にある小さなワンド内がポイントですが、近年大きな注目を浴びています。満水位でタチは2.5m〜3mの金山沢は、ちょうど本流の水流が淀んで止まる場所にあり、その為、乗っ込み中はもちろんのこと、春に、一度入った巨べらの群れが夏になっても移動せずに釣れ続きました。
金山沢のワンド外側は多少の底の変化はあるものの、よほどの大風以外なら、さほど流れも緩やかで秋口頃までチャンスがあります。この辺りは浚渫船が近年入ったばかりで、未知の領域もありますが、モジリを見る限りでは、かなりの巨ベラの回遊路になっている事は確かだと思います。


現在の水位 http://kanagawa-dam.jp/web_data/news_mizugame.html









ナイター釣り
相模湖に限らずとも、巨べらは非常に警戒心が強い。水が澄んでる時の相模湖は日中の透明度が3m近くもあります。たとえ舟周りが全て巨べらで埋め尽くされても昼間は食わない事も多いようです。ナイター釣りの場合、日中なら出るはずの舟の影や人の気配を消すことが出来、これでもかというほどの太い仕掛けを暗い水中下で欺く事が出来ます。もちろん昼間でも釣れますが、桂川流域にとどまらず、湖全体でも尺六寸以上の巨べらの七割近くがナイターで釣れてくるというデータもあります。

ナイターの必需品
飲食物(飲み物は多めに)、懐中電灯(船内用)、電気ウキは絶対に必要です。寝袋または毛布、予備の上着、香取線香、携帯電話やラジオなどがあると非常に便利で心強いと思います。



電気ウキ(へら浮き)
現在のナイター釣りは電気ウキが主流です。透明度が高いので、懐中電灯などで水面を照らしてしまうと、回遊してきているかもしれない50cm級の巨べラを、みすみす逃がしてしまう事もあるかもしれません。自分のみならず周囲の人達にも迷惑になってしまう事もあるので、周りに人が居る時には電気ウキを使用することが相模湖でのマナーとなっています。また、何種類かの電気へらうきを、船宿で販売していますので、初めての方は色々とご相談下さい。


昼釣り専用なら舟水のへら浮き(へらうき)
(舟水は宿には置いてません。)






相模湖のへら鮒(へらぶな釣り)
仕掛けは、おもいっきり頑丈に!!


竿

極太の仕掛けを付けるので、折れた、抜けたは、日常茶飯事です。浅場狙いの時などは、出来れば頑丈な振り出し竿をお勧めします。



深場狙いなら道糸2号、ハリス1号以上を。浅場狙いは、道糸3号、ハリス2号程度を標準とします。


ウキ
浅場狙いであれば、使い慣れたもので良いでしょう。本流筋を狙う場合は流れに対抗するため、大きめで浮力のあるウキを使用する
と良いでしょう。


ハリ
軸が太く、折れたり伸びたりしない、高い強度のスレ針を用意して下さい。オーナー針のダムサイト、がまかつの伊勢尼型、へら鮒スレなどいずれも最低でも9号以上は欲しいところです。


エサ
これまでの実績ではマッシュ系やグルテン系のエサが有効です。管理釣り場などと決定的に違うのは、バラケで寄せながら釣る感覚ではなくあるていどの気配があれば両クワセで一発必釣の感覚です。その為には10分、15分と、確実に針持ちするエサを作ってください。繊維の強いグルテンを、練りに練りこんで使うのが一般的です。


舟付け
ミザオ付け、またはロープによる岸付けですが、慣れていないと思う方は乗舟前に申し出て下さい。また、慣れている方でもトラブルがないよう、時間をかけてシッカリと舟を固定して下さい。ここぞ、という場面で必ず効力を発揮してくれると思います。


玉網
大型の玉網を用意して下さい。暗闇でのへら鮒の取り込みは案外と難しいものです。ましてや相手が想像を絶する巨べラだった場合は、さらなる試練が待ち受けています。大きな玉網が必ず役立つ時が来るでしょう。









反田前
へらぶな反田前 (へら鮒)船宿


へらぶなねっと(ヘラブナ釣り)へら鮒専門店情報