奥多摩湖 (おくたまこ 東京都 西多摩郡 奥多摩町)
奥多摩湖へら鮒釣り



足場があればそこがポイント!本格的な野釣り場です。


釣り期間 4月〜10月 ポイントによっては1年中
釣り料金 無料 (岡釣りのみ・ボートは不可)
浮き桟橋、ダムサイトは釣り禁止です。
釣り情報
東京都のへらぶな釣り場
奥多摩湖のへらぶな釣りは、長竿での底釣りが一般的です。ウキはパイプトップのやや大きめのサイズが使いやすいです。エサは、ハヤなどのジャミや大型のコイもいるので、あまり集魚剤の入っていないエサから始めた方が無難です。

足場の確保の出来る場所がポイントと言って良いでしょう。急斜面が多く、水位が下がったときなど、釣り座まで、そうとうの距離があり、大きく重いへら釣り道具を持って上り下りするのはかなり苦労します。また、水位によりポイントも大きく変わります。「熱海下」や「峰谷川」「丹波川」「小菅川」などは、入り組んでいるので好ポイントは無数にあります。実績では「峰谷橋上流の学校下」です。
天気と地図 奥多摩湖の天気 奥多摩湖マップ



初めて釣行する際の、標準的なへらぶな釣り仕掛けと、便利なアイテム・グッズ。
必要な装備等
釣り台はもちろん、場所によってはポイントに降りるためにロープが必要になる場合もあります。タマ網は2本物の長目など、本格的な野釣りを考えたフル装備ででかけることをおすすめします。



奥多摩観光協会
http://www.okutama.gr.jp


大型のへら鮒も狙えます。
サクラの咲く頃に乗っこみがあります。乗っこみ場は上流部になりますが、浮遊するゴミの塊なども浮きオダのようにハタキ場となります。また、大雨のあとで濁りが入った時なども狙い目となります。以前は小べらの数釣りでしたが、最近ではへらも大きくなり40cmを超える大型も釣れます。ですから状況によっては太めのハリスが必要になるかもしれません。毎年少量ながらのヘラブナ放流も行われていますが、広大な湖なので、ほとんどが地べらと思ったほうが良いでしょう。


車から釣り場まで距離があるケースが多いので
貴重品は車中に置かないほうが安心です。



奥多摩湖は東京都民の水瓶として知られていますが、今の丹波(たば)川沿いの美林は、明治時代、顎堂・尾崎行雄が東京市長だったころに、盗伐で荒れた奥多摩の山に「100年の計をもって植林す」と、自らも馬車に乗って視察に出向き、植えられた樹木が育った物です。丹波川を遡ると一ノ瀬に至り、多摩川の最初の一滴とされる水が滴る水碑が笠取山にあります。水碑から多摩川河口までの距離は、約138kmとされています。他、奥多摩湖では紅葉時期から冬期にワカサギ釣りが可能です。
奥多摩湖 ワカサギ釣り(紅葉)







へらぶな釣り場一覧(東日本のへら鮒釣り場)

へらぶなねっと21 〜ヘラブナ管理釣り場情報 へら鮒専門店釣具店〜









へらぶなnet21topページ → 釣り場一覧 → 東京都 奥多摩湖へらぶな釣り情報(へら鮒釣り)