野尻湖 (長野県 信濃町)  上信越国立公園・野尻湖・黒姫高原・斑尾高原
野尻湖へらぶな釣り


釣り期間 5月〜9月頃まで
貸し船 岡釣りの他、舟宿 レンタルボート数件あり
ボート釣り 朝7時〜4時  陸釣りは日の出〜日没
釣り料金 入漁料 日釣券 700円 手漕ぎボート 3,000円程
釣り情報 【食事】
付近は観光地なので、民宿、旅館、お食事処と全て有り。

野尻湖は上信越のレジャースポットを、ぞんぶんに楽しめる好立地にあり、観光の基点として全国的に知れ渡っています。バスフィッシングも大変盛んですが、桜が咲く5月上旬から紅葉のシーズンまで楽しめます。
天気と地図 信濃町の天気 野尻湖周辺マップ
所在地 長野県 上水内郡 信濃町 野尻


初めて釣行する際の、標準的なヘラブナ釣り仕掛けと、便利なアイテム・グッズ等

5-6月は、乗っこみに備え、11尺前後の強固な仕掛けも用意したい。



野尻湖 へら鮒ワカサギmap


野尻湖のへらぶな釣り
へらぶな釣りとしての知名度はありませんが、過去に60cm超の巨べらが釣れた噂が広まり、各地から人が多く集まったこともあります。ただ現在は、船宿のページをみてもわかるように、バス釣りと、ワカサギ釣りを主体に営業されているお店がほとんどです。その中で、「ほとり荘」や「宮川旅館」では、ギャラリーに40cm超のへら鮒の写真があったり、はっきりと通年釣れる魚として「フナ」と明言しているので、もし、ボートをレンタルするのであれば、このあたりから検討するのが良さそうです。

取材時(2003年)の情報によると、かなりの地べらが生息していて、5月〜6月の梅雨時にかけて乗っこみがあり、その時期は、情報を聞きつけたヘラ師がポツリポツリと集まってくるようです。釣り方としては、ハタキ場となる障害物まわりを狙うか、豪快に長竿を振るかの二択ですが、湖が広く、休日などはレジャーボートによる大波も立ちやすいため、ワンド内がベストです。足場のある場所は全てポイントになっています。

禁漁区のお知らせ
大崎、養魚場、金山ワンドは、通年。 6/15〜9/15のみ国際村の前。夏季は遊泳のため、YMCA前、教会前が加わります。







アクセス
東京方面より
関越自動車道〜長野自動車道〜上信越自動車道「信濃町インター」下車。(練馬から約3時間半)
名古屋、山梨方面より
中央道で岡谷ジャンクションから長野自動車道〜上信越道「信濃町インター」で降ります。
富山 新潟方面より
北陸自動車道 上越ジャンクション〜上信越道へ「信濃町インター」でおります。
野尻湖周辺マップ


野尻湖ワカサギ釣り(わかさぎ釣り屋形船ドーム船)
冬はワカサギ釣り(わかさぎ釣りが盛んです。)


へらぶな釣り場一覧(東日本のへら鮒釣り場)

へらぶなねっと21 〜ヘラブナ管理釣り場情報 へら鮒専門店釣具店〜








へらぶなnet21topページ → 釣り場一覧 → 野尻湖へらぶな釣り情報。信州信濃町 へら鮒と遊ぶ・高原の旅。