新潟市内と郊外の釣り場 (北山池公園 大通川 六郷の池 鳥屋野潟 他)
釣り期間 ベストシーズンは、5月〜10月中旬頃まで
釣り料金 無料
釣り規定 新潟市内で楽しめる、へらぶな釣り場情報

【食事】 持参 釣り場のゴミは持ち帰りましょう
【規定】 とくに規定はありません。マナーだけは守りましょう。

新潟市内を流れる、信濃川・阿賀野川流域のヘラブナ釣り場です。すこし遠出してきたとしても、ちょっと竿を出せば、かなりの期待ができる好釣り場ばかりです。ほとんどの場所が野釣りスタイルなので、釣り台は必需品になります。また、へらぶな釣りを、お金をかけないで、しっかり覚えるのにも最適な場所です。Thanks Tさん
所在地 下の各釣り場にマップを貼りました。駐車スペースあり。




初めて釣行する際の、標準的なへら鮒釣り仕掛け等


北山池公園(北山の池)新潟市 マップ
一般人は北山池公園の池といいますが、地元の釣り人の間では、北山の池という愛称で親しまれています。休日には沢山の釣り人がやってきます。周辺は公園になっていて歩いて一回りできる散歩コースにもなっています。水深は2m弱程度と浅く、竿は13-16尺程度で充分に遊べます。近くには自動販売機もあり、信越本線「亀田駅」から歩いて行ける距離なので、大変便利です。


鳥屋野潟 新潟市  マップ
新潟駅のすぐ近くにある、憩いの沼です。水域は広いが、へらぶなの数はかなり多い。49号の西、弁天橋から、高志高校の東、姥ヶ山橋の間は流れがある分だけ、へら鮒の活性が高く、真冬でもアタリがでます。竿はともに18尺ぐらいは使用して下さい。本湖で釣るには少し不便ですが、好ポイントが点在しているそうなので、釣り場に慣れてきたら、是非一回りあるいて見て下さい。



へらぶなねっと21 おすすめへら鮒専門店

人気ブランド・ヘラウキ(へらうき)へら鮒専門釣具店
信頼の有名ブランド、舟水のヘラウキ公式ページです。管理釣り場から野釣りまで、浅ダナセットから底釣りまで、ベストマッチングするへらうきが目白押しです。


優夢ひろ・へら浮き制作 (ウキ・ハリスケース)
伝統の流れを組む手作りの「へら浮き」。釣れる へら浮き作りに情熱をそそぐ、優夢ひろ氏の秀作揃いです。管理、野釣りをとわず、幅広く使用出来ます。




大通川 新潟市  マップ
信濃川大橋下で、大通川と信濃川が合流します。この合流点から上流の1km先に水門があり、この間が、へら鮒釣りのポイントになります。水門付近は護岸されているため、釣台が必ず必要です。地元のへら鮒釣り会の方達が桟橋をいくつも設置されているので、こちらからなら、釣台なしでも遊べます。竿は13〜15尺くらいを用意してください。夕方や土日にはバス釣りの人たちも来ますが、へら鮒は人間には慣れているようなので、特に気にすることもなく釣れるはずです。流れも、ほとんどない入り江のような感じなので、普通の仕掛けでも大丈夫です。大通川の釣り場は幹線道路から少し入っただけですが、おどろくほど静かな釣り場です。


六郷の池 新津市  マップ
竿は15-18尺と長めの方が良く釣れるが12-13尺でも遊べます。底釣りでは大ゴイも釣れるのでハリスは0.8号以下にしたいです。舗装されてますが、釣台があると便利です。北陸道の新津ICから車で5分ほどと交通も便利です。土手沿いなので近くには何もありません。飲食物はIC付近で調達してください。


子供達だけで遊びに行く場合は、必ずお家の人に「行く場所」と「帰る時間」を伝えてから出掛けましょう。夏など空がゴロゴロと鳴ってきたら、釣れるからと言って、いつまでも竿をしまわないでいるのは止めましょう。大変危険です。北山の池に行くときは公園名も必ず伝えて下さい。六郷の池だけ、500円、現場徴収にくる事もあるそうです。



へらぶな釣り場一覧(東日本のへら鮒釣り場)

へらぶなねっと21 〜ヘラブナ管理釣り場情報 へら鮒専門店釣具店〜







へらぶなnet21topページ → 釣り場一覧 → 新潟 北山池公園.大通川.六郷の池.鳥屋野潟.へらぶな釣り場情報。