びん沼川と、荒川本流びん沼川 合流点 (埼玉県 富士見市 さいたま市)
びん沼川 へらぶな釣り場

埼玉で遊ぶ!! 人気ヘラブナ釣り場、びん沼川 へら鮒釣り情報。
釣り期間 1年中(ベストシーズンは、4月下旬〜10月末)
釣り料金 400円
釣り案内 埼玉県へらぶな釣り場
【びん沼川】埼玉県下、人気ナンバー1の釣り場です。土日などになると、車の止めやすい好ポイントなどは多くの釣り人で埋め尽くされます。野釣りなので釣り台が必要です。

【荒川びん沼吐き出し付近限定】びん沼の下流、機場の裏手にある土手の先。河川ゴルフ場の並びの荒川本流です。こちらも大型のヘラブナ釣りが楽しめます。
各釣り場紹介は下へ続く   荒川本流ヘラブナ情報。
地図 びん沼川 荒川本流びん沼合流付近
所在地 埼玉県 富士見市〜さいたま市


クリーンな釣り場作りにご協力下さい。

【びん沼川】
 もとは荒川旧川です。コンクリ護岸された場所が多いので、釣り台が必要になります。南畑の機場〜上流まで釣りが可能で、釣れる来るヘラブナは、25cm〜37cmくらいが主体ですが、時折、40cmを超えるものも釣れて来ます。
 釣り方としては、竿は12尺〜16尺の宙釣りから始めるのが良いでしょう。エサは夏なら両ダンゴかオカメのセット。人が多く入っている場所ほど、魚もスレている事が多いので、時には上ハリス10cm下ハリス60cm位で徹底して攻めないと、食いアタリが出ないこともあります。また、若干の流れが出る事がありますが、上流に向って流れが出ている時はチャンス中だと思ってください。
 週末ともなると、人気のポイント(砂塚橋下流や墓場下)は、もちろんの事、釣り場全体に多くの釣り人で賑わいます。少し遅れて釣り場に着いたときなど、車を止めるスペースすら見つからない場合もあります。その際は、川沿いに続く道を上流へ走らせると、いくつかのポイント候補が見つかるはずです。少し入釣するのに不便だったり、足場が良くなかったりする事もありますが、へら鮒は、どの流域にも、まんべんなく居るので、エサ打ちを始めれば、どこでも楽しめるはずです。最下流の機場付近は、水深が5-6mと深く、11-12尺の竿でチョウチン釣りも楽しめるため、休日などはは、場所取りなど、たいへん混雑しますが、マナーを守って楽しい釣りを心がけたいものです。

【旧びん沼】
往年の名ポイント、最上流部のオンドマリなど、一部は現在も釣り可能です。 ※旧びん沼(地図のびん沼公園予定地)、押切水路〜治水橋の区間は釣り禁止です。全体的に水深1m以下のポイントが多く、放流はされていないので、魚影は薄いですが、春先などに、葦の脇を短竿で狙う釣りも、たまには良いかもしれません。

【ビン沼と荒川本流合流付近】
びん沼川は下流の機場の裏手にある土手の先で、荒川本流と合流します。河川ゴルフ場の並びになりますが、こちらも大型のへらぶな釣りが楽しめます。ビン沼川とは少し違った雰囲気ですが、いくつかの好ポイントがあります。水深は竿21尺で5m以上あり、根掛りも多いので、多少苦労する事もあるかと思いますが、テトラの穴には、思いもしない巨ベラが団体で潜んでいる事もあるので、一度アタリの出たポイントは、しっかりと覚えておいて下さい。何回か通うと釣り方のコツが掴める事と思います。テトラの上に釣り台を組むため、長さ1.5-2mの厚目の板切れを3枚位用意して、自在に釣り座を組むことで、無数の穴やポイントを探る事ができます。21尺以上の長竿と、浮力のある大型のウキ、ハリスは短めがお勧めですが、20本以上は用意しておきましょう。また、超長竿で、テトラの先のポイントを狙うのも有効ですが、若干流れが強くなります。一度竿を引きずり込まれると、2度と戻ってこない可能性が高いので、置き竿にはご注意下さい。(ロープで釣り台に結んで下さい。)過去には50cm以上の実績も数多くあり、どんな巨べらが釣れて来るかわからないドキドキ感もまた、本流釣りの魅力です。※90年代後半に、へら選科さんの本で、60cm超の記事と写真が掲載された事もあります。

荒川本流のヘラブナ釣り場    丸堀周辺のヘラブナ釣り


びん沼map





ビン沼に初めて釣行する際の、標準的なへらぶな釣り仕掛けと、便利なアイテム・釣具等
・水筒、クーラーあると便利。
・携帯電話の受信状況は良好。
・岡釣りなので釣台が必要。
・へらぶなが大型なので玉網が必要。







アクセス
電車で行くには無理が有ります。とくに荒川本流を探索される方は、埼玉県の詳細な地図を入手して手元に置いて車を走らせて下さい。
びん沼川のマップ




へらぶな釣り場一覧(東日本のへら鮒釣り場)

へらぶなねっと21 〜ヘラブナ管理釣り場情報 へら鮒専門店釣具店〜


へらぶなnet21topページ → 釣り場一覧 → ビン沼川